住まいのコラム・ブログ

COLUMN / BLOG

家づくり・土地探しに関するギモンに
お答えいたします!

2021.01.07

#コラム

《コラムVol.1》住宅ローン①審査を通過するためには…

【住宅ローンの審査を通過するためには】

せっかく希望通りの買いたい物件がでてきても、審査に通らずローンを組めなければ購入はできません。 審査に落ちてしまったばかりに、いい物件を買い逃してしまった!!なんてことにならない為には…。

《 事前審査と本審査の申告内容に相違が無いか確認する 》
事前審査で申告した内容が間違っていた。本審査までの間に収入や借り入れの額が変動した。 この様な場合は、審査が通らないか、融資額が減らされる可能性があります。 他、本審査までの間に、転職した場合も勤続年数の基準を満たさないという理由で落とされる可能性があります。 最近は、ネットで簡単に事前審査ができるようなシステムが多いですが、ネットだと源泉徴収票などの チェックをしないことが多く、それ故に「事前審査は通過したが本審査は通過しない。」というケースも多くなっています。

《 住宅ローン以外の借り入れ状況の把握と整理をしておく 》
車のローンや奨学金、携帯電話の分割払いなど、今現在の借り入れ状況によって、借入額が変わってきます。 すぐに返済できない場合も、現在の借入額も計算に入れて融資額を決めれば、審査に落ちる可能性も下がってきます。 クレジットカードの延滞も、審査に大きな影響となるので、複数のカードを持っている人は、どのカードにどれだけの 支払があるといった内容を把握して、使わないカードは思い切って破棄するのもよろしいのではないでしょうか。

《 頭金を増やす・ペアローンなどの利用も検討してみる 》
年収から見て、高額の物件を検討されている場合は、自己資金の部分を多く入れて借入額を減らすことが良いです。 預貯金が無い場合は、借入額を増やす手段として、ペアローンや収入合算といったものもあります。 共働きの家庭であれば、夫婦で共同してローンを組むこともできます。 ご主人だけなど、単独の年収では希望の融資額に達せない場合も、夫婦で年収を合算して、世帯年収としてみてもらい 融資額を伸ばす事もできます。

《 金融機関を選んでみる 》
「これからローンを申し込むけど、審査に落ちたらどうしよう…💦」 以前審査に落ちて、マイホーム購入をあきらめた経験がある方もいらっしゃると思います。 一度審査に落ちたからと言って、ローンが組めないわけではありません。 審査の基準は、金融機関によって異なります。 A銀行ではだめだったけど、B銀行では審査に通った!!なんてことはよくあります。 例えば、団体信用生命保険に、健康上の理由で加入できなかったとします。だから住宅ローンは組めない!! いえいえ、加入を条件にする銀行がほとんどではありますが、「フラット35」の様に任意としている金融機関もあります。 会社で使っていたり、個人でメインバンクとしている銀行や、不動産会社提携の金融機関は、優遇されていることが多く 金利など有利な条件で借り入れできる場合があります。 審査の甘い銀行はある? むずかしいですが、受け入れてもらえる窓口が広いか狭いかの違いではないかと思います。 一般の銀行では、勤続年数が1年以上ないとダメですが、「フラット35」の場合は、1年未満でも受け入れてもらえる。 一般の銀行では、正社員でないとダメですが、「フラット35」の場合は、派遣社員やパートでも受け入れてもらえる。 等、の内容が審査の甘い厳しいと言っている基準ではないでしょうか。 あまい厳しいよりは、いろいろな種類の金融機関で審査を受けてみるほうが、可能性は広がるのではないかと思います。 自営業は審査に通りにくい? 自営業の人は、会社員と審査の基準が違います。 そのため、「会社員に比べて審査が通りづらい」というイメージになっているのではないでしょうか。 例えば、会社員であれば源泉徴収票を提出のところ、自営業だと、確定申告書の提出が必要になります。 ほとんどの銀行は、確定申告書3期分の提出が必要になります。 という事は3年以上の事業実績が必要となります。 ただ、自営業といっても、多種多様で、医師や弁護士といった特殊な国家資格者は1期分で良かったり、 歩合制の保険外交員の方も自営業とみなされたりします。 外国籍でも住宅ローンは組める? 住宅ローンは、最長35年という長期間になるため、外国籍の方は「永住権があるか否か」がポイントになります。 ほとんどの銀行が、「永住権を持っていること」を必要条件としています。 ただ、配偶者が日本人である・連帯保証人になるなど、条件を満たせば承認されることもあります。 転職は審査に影響する? 勤続年数や雇用形態が、金融機関の審査基準に達していなければ審査には通りません。 金融機関によって、同種の職業のキャリアアップなら1年未満でも大丈夫となる場合もあります。


カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ

INSTAGRAM

TOP